予約はこちら

お申し込みはこちら

※アフタヌーンクルーズご乗船は事前のお申し込みは不要です。
(イベント開催時を除く)

徳川日記

202002/09景観

都内夜景&お食事場所をお探しならクルーズ船・屋形船がおすすめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日頃より御座船 安宅丸にご乗船いただきましてありがとうございます。
東京で夜景が楽しめるお食事スポットはたくさんあると思いますが、その中でクルーズ船・屋形船などでの遊覧体験もおすすめです。今回は他のスポットと比べても、クルーズ船・屋形船が夜景観賞で優れていると感じる点をご紹介いたします。

◎理由1:遮蔽物がないため、基本的に眺めが良好です。

_E3_82_B5_E3_83_B3_E3_82_BB_E3_83_83_E3_83_88_E3_8P2270334-300x225

船は海上にでてしまいますので、半径数百メートルは一切さえぎるものが何もない場所から景色を見渡すことになります。また本船のような大型船となりますと高い場所からの眺望となるためより一層、眺めがよくなります。

 

◎理由2:デッキなどから、いろいろな角度の街並みが堪能できます。

例えば通常、都内の建物でのお食事では、その店舗の向きやお席と窓の位置関係などから眺めることができる景観は同じ角度で固定されてしまいますが、船になると甲板にでて、360度の夜景を楽しむことができます。(下は日中帯のクルーズ便の船の先頭から撮影したストリートビューパノラマ。デッキの先から、横から、後ろからいろいろな景観を楽しめます。)

 

◎理由3:船で移動するから、景色の見どころが変わります。

ゲートブリッジ正面東京タワー&東京港お台場夜景

一定の場所にある施設とは違い、船は少しづつ航路を動きます。その航路の途中でさまざまな景観を楽しめるので、夜景に飽きません。例えば本船 徳川の巨船 安宅丸では東京タワー、スカイツリー、お台場、レインボーブリッジ、場合によっては羽田空港離着陸する飛行機の明かりを近くで確認できたりと様々な夜景群をお楽しみいただけることとおもいます。

 

◎理由4:記念に残るような写真を撮影しやすい。

夜景を背景に写真を撮影するにも周りの目があったり、うまく夜景のすばらしさを収めることができなかったりなどがあるかとおもいますが、船の上では皆さん記念写真を自然と撮影してしまうムードがあります。おすすめなのがレインボーブリッジや、ゲートブリッジなどを背景にした一枚!想い出のショットをおとりしやすいとおもいます。

 

◎理由5:コストパフォーマンスは実は悪くありません。

P2270141-300x225P2270284-300x225-2018-02-14-21-05-24-e1524988719147-300x225

景観を売りにしているレストランでのディナーなどは1万円を上回るケースも多いのではないかとは思いますが、例えば本船 徳川の巨船 安宅丸では100分クルーズ、お食事、景観、クルーズ終盤のショーを含め平均価格が8千円ほど、飲み放題付きでも1万円ほどです。ちょいのりお試しのおつまみコースは5,100円~です。

 

どうでしょうか。夜景を楽しめるお食事処を都内でお探しの場合は、一度クルーズ・船上レストラン・屋形船などをご検討ください。

 

★安宅丸サンセットクルーズ・ナイトクルーズのページはこちらから

https://www.gozabune.jp/plan/dinnercruises/

 

  1. 一覧に戻る

月別アーカイブ