予約はこちら

お申し込みはこちら

※1便~3便ご乗船は事前のお申し込みは不要です。
(イベント開催時を除く)

201904/12文化

屋形船

いつも御座船安宅丸にご乗船いただき、ありがとうございます。

今回は全国各地で楽しまれている「屋形船」について!

p4047183-500x375

その歴史は古く、日本書紀や万葉集にも記述されている「舟遊び」がその原形になっているようです。「舟遊び」は川や池泉に船を浮かべ、景色を愛で、歌を詠み、音楽や舞を楽しむ高貴な人々の雅な遊びでした。

その後、戦国・江戸時代初期を通じて「舟遊び」は将軍や大名など限られた人々のみが楽しめる遊びでしたが、太平の世が続き、河川の整備も進んだことによって、庶民も楽しめる「屋根船」という舟遊びが誕生します。

 

「屋根船」は船宿や料理屋が所有する、小型の船に屋根がついた質素なものでしたが、粋で風流な遊びと庶民に人気で、浮世絵や落語などで、その様子が数多く残されています。

 

維新後も昭和初期まで人々に楽しまれてきた「屋形船」ですが、太平洋戦争を機に衰退していきます。戦後も水質汚染やコンクリートの護岸工事などの影響で「屋形船」は姿を消したままでした。

「屋形船」がまた人々に楽しまれるようになったのは、バブル期の頃です。豪華で高級な遊びと人気が高まり、河川環境の改善も契機となり、また人々の遊びとして定着するようになりました。

 

日本の伝統文化でもある「屋形船」を是非、皆様も楽しみ下さい。

  1. 一覧に戻る

月別アーカイブ