予約はこちら

お申し込みはこちら

※アフタヌーンクルーズご乗船は事前のお申し込みは不要です。
(イベント開催時を除く)

201909/14文化

盆踊り

いつも御座船安宅丸にご乗船いただき、ありがとうございます!

今回は、「盆踊り」について!

盆踊りの由来は、平安時代と言われています。

僧侶の「空也」という人が念仏を広めるために、太鼓をたたき、メロディーに合わせて歌うように念仏を唱え始め、それに合わせて踊りを踊るようになりました。これが「念仏踊り」として世の中に周知されました。その後、「念仏踊り」は先祖を迎え入れ供養するお盆と結びつき、「盆踊り」になったと言われています。

鎌倉時代になると、盆踊りは仏教行事としての意味合いより、娯楽的な要素を色濃くしていきます。「一遍上人」という僧侶が髪を振り乱して踊ってその瞬間を歓喜するという教えを唱え、これが日本中で大流行したことにより、盆踊りが全国へ広まりました。

そして江戸時代に入ると、盆踊りは地域の人々の交流や男女の出会いの場となっていきます。

江戸時代は、多くの男女が集まり、一緒に楽しむような場は極めて少なかったために、盆踊りは数少ない男女の出会いの場となっていたそうです。

こうやって全国に広まった盆踊りは各地で独自の進化を遂げ、発展します。中でも徳島の阿波踊り、秋田の西馬音内盆踊り、岐阜の郡上八幡盆踊りの3つは日本三大盆踊りと呼ばれ、毎年多くの観光客が訪れるイベントとして知られています。

御座船安宅丸では、ナイトクルーズの時間帯に、9月30日まで船上で盆踊りイベントを開催中です!

まだまだ暑い日が続きますので、盆踊りで晩夏の風情を感じてみては如何でしょうか!

  1. 一覧に戻る

月別アーカイブ