予約はこちら

お申し込みはこちら

※アフタヌーンクルーズご乗船は事前のお申し込みは不要です。
(イベント開催時を除く)

徳川日記

202006/29歴史

「お土産」の由来はどこにあるのか

いつも御座船安宅丸にご乗船いただき、ありがとうございます。

皆様は「みやげ」の由来についてご存知でしょうか?
みやげ(おみやげ)が、一般的に定着したのは、江戸時代だといわれています。
江戸文化に触発された武士たちが、故郷に買って帰るものの代表格は、かんざし、錦絵、
たばこ入れや鏡入れ、農事歴(農業カレンダー)、お茶など、重くなく、かさばらず、日持ちするものが基本だったようです。
明治時代になると、現地でしか食べられなかった「名物」が、鉄道により、家まで持ち帰れるようになり、現代の日本のおみやげ文化に深く根付いていると思います。
皆さまも修学旅行や社員旅行、家族旅行に行かれた方は、職場の同僚や親戚などにおみやげを買うのではないでしょうか。
おみやげを通してコミュニケーションをとることで、旅先で得た感動を共有することができます。
また、おみやげをもらった人は、まだ見ぬ土地に思いを馳せることもできます。
現在では、観光地を始め空港や駅そして、現地へ行かずともインターネットを使った通販なども盛んになっています。
そこで!!
御座船安宅丸でもオンライン限定にてグッズ販売を開始いたしました!!
きんちゃく、タオル、Tシャツなど幅広い商品を販売しております。
https://suzuri.jp/gozabune

 

皆さま是非一度、ご覧になってみて下さい!!

グッズラインナップ

  1. 一覧に戻る

月別アーカイブ