予約はこちら

お申し込みはこちら

※アフタヌーンクルーズご乗船は事前のお申し込みは不要です。
(イベント開催時を除く)

徳川日記

202005/15歴史

江戸時代から続くおもてなしの文化

いつも御座船 安宅丸にご乗船いただきありがとうございます。

御座船安宅丸のサンセットクルーズ・ナイトクルーズでは、劇団四季出身者などからなる「徳川お持て成し役者WAGAKU」が乗船し、

お客様のお出迎え、景観ガイド、ディナー終盤の歌や舞の披露から最後のお見送りなど、

「おもてなしの心」でクルーズ全体のご案内をさせていただいております。

この「おもてなし」についてですが、この心がけは江戸時代からすでに日本人・特に江戸の庶民に根付いていたようです。

 

和歌山の侍が江戸から戻った際に書いた「江戸自慢」にはこのことがわかる次のような記載があります。

 

・『金持ちそうな客には頭を下げ、みすぼらしい客は客扱いをしないなどという差別するような態度はなく、どんな客でも丁寧に扱ってくれる、と感心した。』
・『江戸っ子は一見ことば遣いも荒々しいが、道を尋ねると自分の仕事の手を止めて、その人の顔を見て丁寧にやさしく教えてくれる。困った人には非常に親切であり、もてなしの心があった。』

 

江戸っ子の「もてなしの心」は今日の日本の「おもてなし」の原点かもしれませんね!
皆様もぜひ、御座船安宅丸にご乗船いただき、江戸から通ずる「おもてなし」を存分に味わってみてください!!

お出迎え-min記念撮影(タイムスケジュール)

お殿様気分で東京湾クルーズが楽しめる遊覧船「御座船 安宅丸」の情報はこちらから

安宅丸トップページへ

時刻・料金・航路ページへ

サンセット・ナイトクルーズページへ

アフタヌーンクルーズページへ

ランチクルーズページへ

団体・貸し切りチャーターページへ

  1. 一覧に戻る

月別アーカイブ